うつ症状は早めに気付こう|適した対処法で病気を克服

うつの症状が発覚したらまずはカウンセリングを

心の病気には皆なり得る

看護師

気分の落ち込みは誰にでもあります。しかし長引いたり体調不良を感じたりしたら心療内科に行く時です。心と身体と状況を総合的に考え診療してくれます。ノートに症状などをまとめてから診察を受けると効率的です。うつ病と言われても落ち込まず今の自分を受け止める事が大事です。うつは他人事でないとの認識も重要です。

もっと読む

病気と向き合い対処する

笑顔の女の人

接し方を考える

気分障害が主な症状となる精神疾患の一種として、うつ病があります。このうつ病には、様々な原因が背景にあると言われています。もともとの性格や環境、遺伝など様々な憶測が飛び交っていますが、はっきりとした明確な原因は明らかになっていません。そのため、症状の出方も対処法も個人で差があるので、それぞれにふさわしい治療法を見極めることが大事になります。うつは、脳内で分泌される神経伝達物質が上手く働かなくなり、ストレスが合わさることで発症する傾向にあります。一般的に男性よりも女性に発症が多く、子供から大人まで発症する年代も様々あります。症状は、最初は気分の落ち込みや無気力で集中できないなどの症状が出るようになり、疲れているのに眠れないなどの症状が出ます。その状態がずっと続き、気分転換をしたり今まで好きだったものや興味があったものに対しても楽しさや喜びなどポジティブな感情が持てなくなると、うつであると考えられます。うつ病は誰にでも発症する可能性はあるので、恋人や家族、友人など身近な人をはじめ職場の同僚など日常的に接する人に発症することもあります。そういった場合、周囲の人間の支えが必要になるので接し方を考える必要があります。励ましたり努力を促すような発言は、本人にとってプレッシャーとなることが多く何事に対しても、ネガティブにとらえがちなので、とにかく話を聞いて憂鬱を吐き出させることが大事です。話を否定せずに、とにかく気が済むまでしっかりと聞いてあげることが何よりのサポートになると言えます。

サインを見逃さないこと

うつは、本人は自分が病気であると気づかない場合や認められない場合が多いため、周囲の人間がよく観察をすることでサインを見逃さずに病気の発見につながります。特に家族は症状に比較的気づきやすく、一緒に過ごす時間も長いため、うつのサインが見つけられるようになります。精神面に関しては、落ち込んでいたり悲観的になっている、元気がなくだるそうにしている、イライラしていて落ち着きがないなどの症状が多いです。身体的な面では、寝つきが悪く横になってもすぐに眠れなかったり、夜中に何度も起きる、食欲がなく体重が減った、疲れているように見えるなどがあります。行動の面では、遅刻や欠勤が増えて会社に行こうとすると体調が悪くなる、家に引きこもりがちになるなどがあります。これらの症状が二週間以上続いている場合には、一度精神科もしくは心療内科を受診して相談する必要があります。うつは、ごく症状が軽い場合は、自然と時間が経ったりストレスが軽減されれば改善されることもあります。しかし、多くの場合は症状が重くなったり病院での治療を受けたほうが回復が早くなります。本人の同意が得られない場合に無理に病院に連れていこうとするのは逆効果であるため、本人の同意が得られて家族が一緒に受診出来るまでは、家族だけで病院を受診して相談をすることも可能です。医師のアドバイスを参考にしながら、本人の同意を得て治療が始められると苦痛が少なくなり、症状も安定するようになると言われています。出来るだけ早い段階で治療を始めるのが理想です。

精神疾患の特徴と治療法

男の人

うつ病は、様々なストレスが原因となって心を蝕み、睡眠障害ややる気のなさなど様々な症状を引き起こしてしまう精神疾患です。発症した場合はすぐに病院へ行くこと、また、治療はあせらずのんびりと構え、患者には決してプレッシャーを与えないことも大切です。

もっと読む

現代特有の病

頭を押さえるウーマン

うつは気持ちが落ち込んだり、自分の見た目に気を遣わなくするというような症状があります。自分自身では気づかないことが多く、病院に行くのが遅れてしまうことが多いです。周りのフォローや、いち早く症状に気づくことが大切です。

もっと読む